子ぎつねヘレン

ここでは、「子ぎつねヘレン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画感想かきかきします
今日見た映画「子ぎつねヘレン
子ぎつねヘレン

一言でゆぅーと。。すご~く感動しました
物語は北海道で始まり、~自分が幸せだと周りのみんなも幸せ~と思う母の勝手な考えで少年は北海道の母の彼氏の所に一人預けられ そこの地で子ぎつねと出会う
後に子ぎつねが目も見えなきゃ耳も聞えないという現実を知らされる。
少年と子ぎつねのお互がお互いにそこに存在を感じ、お互いを必要とする毎日のスタートです。。。
その後は、これから見ようとしている方のために・・・
 綾は子ぎつねと少年の絆にとても、すごくすごく心打たれました。
人間、動物種類が違っても 例え言葉を交わせなくても温かいぬくもり。
ただそれだけでも想いは充分伝わるんだと思いが強くなりました。
 
家の猫(勇ちゃん)はお母さん猫(ターちゃん)が体が小さいし一回目の出産帝王切開出産だったので妊娠がわかった時点で堕ろすこと考えましたが 
どぉしても大きなお腹の母猫が一生懸命ご飯食べて産み場所探してるとこなどの姿を目の当たりにすると赤ちゃんを奪うことができなかった私。。。
今思うと一回目の診察のとき綾は平気でまだ見ぬ子猫のことなど考えもせず
お腹の子猫はどうなってもいいですからターちゃんの命だけ優先させてください。」
というと獣医さんは
「小さいから一匹しか身ごもれなかったんだねぇ~。
あ!でも大丈夫ですよぉ~この子は一度陣痛がきて出産したいという気持ち感じたはずですから
次は上手に自然出産できるでしょう。」
私は後からどんなことになることとも知らずに・・・
獣医さんのその言葉を信じ安心することしかできなかった
家に帰ってからターちゃんと
じゃぁ今回も一緒に勇気だして赤ちゃん産もうね
            っとナデナデしながら伝えてた。
出産まで何度か通院して、
「そろそろですから朝晩猫ちゃんの体温測ってて体温に変化があったら電話ください」
っと言われていたので ただただ安心して出産の日までまで楽しみに過ごしていました。
そして、出産の日
仕事から帰ってくると陣痛が始まっていたターちゃん。
(綾は小さい頃から家に猫がいたので猫の出産の立合いは常連で次は次はっという感じで流れはわかってて)
猫は安心や幸せ、嬉しいと感じた時喉を
ブゥーゴォーゴロゴロ
って鳴らすんだけど 出産の時も陣痛で本当はすごく痛いはずなのにずっと「ゴロゴロ」鳴らして出産に望むんです。
心底感動です。。

 おっと、、、
 陣痛が始まり破水もしちゃったというのに一向に赤ちゃんが出てこない
だんだんターちゃんもぐったりしてきたし 慌てて興奮して忘れていた病院へ電話PM09:30
経過を説明すると信じられない言葉が
何時だと思ってるんですかぁー。手術できる先生はもぅぉ今日は帰ったので どうにもできませんけど
マジデ!!??Σ(`・д・ノ)ノ
いくら頼みこんでも無理そうな話口調に時間の無駄と感じた綾は電話帳で何件も何件も動物病院にかけたなぁ
やっと見つかった病院へ到着した頃は
苦しいくせにまだ幸せそうにゴロゴロとぐったりしているターちゃんでした。
速攻で帝王切開手術が始まり無事に赤ちゃんは(勇ちゃん)生まれた。
生まれたばかりの勇ちゃんは呼吸止まっていて鼻から溶液を口で吸い取ったのも綾
産声上げなくて冷たくなっていく体をずっと擦って温めていたのも綾
 麻酔から覚めたターちゃんは非現実的な痛みに吠えていた。
可哀想でずっとずっと可愛い可愛いして夜が開け 
次の日も次の日も動かないターちゃん
動いても障害が・・・
足と手と頭の動きがどう見てもおかしぃバランス取れなくて歩いてもすぐ転んでの繰り返し
異変に気がつき病院へ連れて行ったとき診察台でターちゃんを籠から出すと 
今までの異変を隠すように綾の手にまとわり付き猫らしく擦り擦りしてきた。
あの時ターちゃんは悟っていたのでしょぅ。。。
     自分の死を。。。。

 結局、その日は入院することになり病院へ預け
家へ帰った綾はまだ生まれたばかりの勇ちゃんの3時間おきのミルクやりに苦戦していた
次の日、仕事しているとターちゃんを預けている獣医から電話きて・・・
   ターちゃんは一人お空に行ってしまいました
仕事を終え病院へターちゃんを迎えに行くと 
すっかり、すっかり変わり果てた姿で私の迎えを待っていました。
ごめんね、ごめんね。
最後まで私と居たくて病院着いたときあんなに甘えたのにわかってあげられなくて
ごめんね。。。ごめんね。。。
冷たくなったターちゃんを毛布に包んで抱いて涙を家まで家までと
必死に我慢して両手にターチャンを大切に抱きタクシーで帰り・・・。
夜通し冷たいターちゃんを撫でて撫でて生き返れと念じ
少し眠りに襲われ目が覚めると生き返ったんじゃないかと
何度も何度も揺すったり抱いてみたり
何日か前までは元気に大きなお腹で私に甘えてきては抱っこせがんだり
遊んでほしくてじゃれてきたり エサほしくておねだりしてきたり
いっぱいいっぱい見て可愛がっていても
言葉話せない飼い猫のシグナルにさえ気が付けなかった自分。
不甲斐ない。悔しくて情けなくて 動物飼う責任すらなさすぎる。
頭がオーバーヒートしてしまってた・・・
気が付くと冷凍庫に入るかな?とか
ドライアイス買ってきて保存してこのまま離したくないと思ってた。
でもそんな綾を救ってくれたのは 
唯一、ターちゃんが残してくれた子猫「勇ちゃん」。
メソメソ泣いていても 何していても
「ミルクくれぇーぃ」
泣く勇ちゃんに振り回されているうちに 
薄情かもしれないけど悲しみも現実として受け入れられた
3日後、ターちゃんは業者さんに頼んで火葬してもらいました。
 今も・・・遺骨は私のそばにあるんだけど
 おかげで勇ちゃんは綾が母だと思っているようで成長した勇ちゃんは
容赦なく綾にじゃれてきます
まるでトラですあやはームツゴロウじゃないよぉ~
生傷が・・・

ぉお~ウヒャ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!
長くなりすぎたぁオオォォォ(゚ロ゚*)(゚ロ゚*)(゚ロ゚*)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)ォォォオオ
ここまで付き合って読んでくれて(*・ω・)ノ。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆アリガトー
哺乳瓶でミルク

子ぎつねヘレン」を見て動物の命について深々と思い考えた一日でした。
たまぁには、こんな日も大切ですね(^-^*)

関連タグ : 子ぎつねヘレン,

コメント
この記事へのコメント
☆ベルちゃんへ☆
あやもぉ~ブログ書いてて思い出して号泣してたよぉ~e-451
「子ぎつねヘレン」本当よかったわぁ~v-20
またオススメとかあったら教えてねぇ~e-266
動物の救急病院もっともっと増えてアメリカみたいにもっと動物に対しての保険制度とか色々考えてもらいたいよねぇ~e-420
ベルちゃんとこのハニーちゃんは元気かなぁ??

☆eriちゃんへ☆
eriちゃんも動物との悲しい別れがあったんだねe-445
思い出させちゃったねe-459ごめんねe-459
本当eriちゃんの言うとおり自分より先にいなくなってしまう動物飼うのはすごく覚悟がいることだよね。
飼う前からこんな風に考えて飼う人がもっともっと増えたら残酷なこともないんだろうけど命って大切だよねe-420
綾もきっともうこれ以上動物飼うこと望めなくなるのかもしれないなぁ・・・。
今はまず癒されて微笑をもらう毎日に感謝しなきゃっと思い可愛がっているよe-465

☆あゆりんへ☆
(*'ー')(,,*)(*'∇')(,,*)うんうん
本当あの時は心底獣医さんの冷たさに気が付かされたって感じだったよーe-263(/□≦、)エーン!!e-330
誰もさぁ~往診してなんて頼んでないのにせめて先生に連絡するくらいのことしてくれてもいいよね((o(>皿<)o)) キィィィ!!
 旦那さんの実家のワンちゃんすごい高齢だねーe-419
旦那さんと一緒に成長してきたワンちゃんなんだね、、、うんうん。旦那さまが帰ってきてからも元気な姿でいつもそこにいてほしいよねe-271
2006/09/27(水) 17:36 | URL | ☆綾☆ #-[ 編集]
もぅ先生帰っちゃったって・・・・!
せめて呼べよって感じだよねぇ。
電話するの遅かったかもしれなぃけどぉ、もし、夜陣痛はじまってたらどうしてたんだって感じだねぇ。
獣医サンって医者と違ってぇ動物が好きでなったんやろうけん最後までつきあってほしいねぇ。
猫チャンやワンチャンの寿命ゎなんであんなに早いんやろうねぇ><
人間やったらぁまだ子供なのにねぇ。
旦那の実家にも大型犬がいるんやけどぉ人間の年齢で言ったら90歳クラィらしいのっ。やけん、数ヶ月前から耳も悪くなってるし、玄関から門を出る階段でこけて足を捻挫して階段の上り下りも一苦労になってるんだぁ。
この夏もつかなぁって感じやったけどぉ
なんとか大丈夫やったけん
旦那が帰ってくるまでぇ頑張ってもらいたいなぁって・・・^^;
勇チャンゎ綾タンのことをママとおもっとるんやねぇ。生まれた時からずっとミルクをあげよったらそう思うんやろうねぇ^^




2006/09/25(月) 18:20 | URL | あゆりん #-[ 編集]
そっかぁ・・・。
そんな悲しい事があったんだねi-241
ペットと言っても、家族同然だもんね・・・。
私も、昔飼ってた犬が、宅急便が来た時
脱走しちゃって、私は仕事で家にいなかったんだけど
お母さん達が必死で探したら、車にはねられて
道路のはじっこで  もう冷たくなってたの。
その事を会社にきた親からの電話で聞いた時は
場所もきにせず、声だして号泣しちゃってi-195
同僚の子達は、私があまりにも泣いてるから、誰か身内の人が亡くなったと思ったらしいんだけどi-201
そんな悲しい事もあったなぁi-195
ペットって凄く癒されるし、可愛いけど、自分より
先に亡くなっちゃうから、その事を考えると辛いよねi-238
だから、私 今ペット欲しいけど・・・ためらってしまうi-202

2006/09/25(月) 17:34 | URL | eri #-[ 編集]
読んでたら泣きそうなっちゃったーー!!
頑張ったねぇ。。。
綾ちゃんもにゃんこも。。。
獣医さんはもう少し
救急増えたらいぃね。
あたしもペット飼ってるから
気持ちわかるよ~~!!
でも本当、絆ってあると思うわぁ。
ヘレンもほんまに泣けるでしょ。
あたし本当号泣やったもん!!!
2006/09/25(月) 15:16 | URL | ベル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rabuyuutansyuutan.blog68.fc2.com/tb.php/91-175844cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。