久しぶりに更新。

ここでは、「久しぶりに更新。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の更新から ずいぶんと時間がたってしまったな。。。

心構えというか 覚悟というか シュミレーションっというか・・・
考えたくも想像もしたくなかったことだからこそ 考えてしまうことだった
祖父が、とうとう一生会えないところへいってしまった4月5日。
よやっと駆けつけたとき祖父は入棺の時でおくりびとさんにきれいにしてもらって
着替えさせてもらっていた。

“あー、とうさん本当に本当に死んじゃったんだ。。。”

熱い涙がどんどん溢れてきて悲しくて悲しくていたら
膝の上に座っていた王子が しくしくと声を抑えて泣く私の頭を身を振り乱しなでなでしだした。
そんな優しさにもかまっていられないくらい 顔は大洪水でいると
王子が今度は立って私の顔を両手で押さえてオデコとオデコを合わせて
一生懸命に私の顔を力ずくに上げて チューしようとしだした。
いつも王子がチューしてくれると私は大喜びするからだったのかな?
そんな王子に救われた。
亡くなった当日は駆けつけられなかったけど 家で朝方まで泣きすぎて眠れず
駆けつけた日は 前日朝まで起きていた弟を寝かせ私一人起きていた。
祖父の息子の父と叔父は飲み過ぎと二日酔いで現実逃避中?で爆睡。。。
私も寝そうだったから せっせっと夜中じゅう 祖母のためにキッチンの大掃除を始めた。
朝方の4時くらいかな ふと、我に帰り寂しさからか急に怖くなりだして体がぶるぶるしだしちゃって
旦那を叩き起こしたりもしたけど この日、火葬場に行ったり 
王子の正装着探しにデパート行ったりして41時間起きていた自分にびっくり。。。
でも もっとびっくりしたのは 
・・・祖父の遺影の前で ワンピーズで眠りに落ちてしまった私の乳を王子が飲んでて 
そのままのスタイルだったから おっぱいとパンツ丸出しで寝ていた自分だ。
みんなが驚くところはもっとあるぜ~、
2歳5ヶ月の王子まだおっぱい飲んでるぜ~、
最近じゃ~「でない、でない、」っとすごい目つきで怒ってるぜ~
も~うるさいから こっそり水で薄めたカラシ付けてやったぜ~
普通に飲んでたぜ~~~ 辛くないのかぁ~?
ワイルドな味覚だぜ~。。。

っと・・・祖父のことで しばらく落ち込みすぎてたけど
今はもう元気もりもりだぜ~~。。。


30代に40時間は過酷すぎたようだな。
でも 寝ないで朦朧としていたから普通の自分がたもてたのかもしれない。
正気だったら 取り乱してたんじゃないかって思うほど悲しみで崩れてしまいそうだった。

祖父の家は家の前に2つ 小屋のような工場があって 一つは祖父が自分で基礎から建てた小屋がある
その二階がとうさんの仕事場でいつもそこから海を見ていた。

北斗市

木だけでできている小屋。 二階をとうさんが歩いていたらすぐ二階のどこにいるかわかるくらいだった。

っと 父が外から慌てて家に入ってきて
「今だれか小屋の二階にいったが~?」って
誰もいっていない。
足音がしていたって、入院中ずっと早く稼ぎたいって手を動かしていたとうさん。
よかったね とうさん。
あまりにもリアルに話す父を見て 弟がちょっと小屋見てくるって行った。
ココからは弟の話なんだけど

「お父さんがオレを呼びに小屋に来たんだけど 二階にいたし
オレ電話してたから返事できなくて 降りていこうと思ったら ドアがバンって閉まったから
二階の窓から外見たら お父さんすっげーダッシュで家に戻ってたさ(笑)
なんかびびってたでーうける(笑)」

二階に居た弟の足音にびびったに違いない(笑) 

そのあと お祖父ちゃんのいつもの席で
おじいちゃんのタバコの吸殻がいっぱい残ってる灰皿を使って一服してたという弟。
雨の降り具合を見ながら景色を写真に残すのに必死になってて
自分のタバコの火がお祖父ちゃんの盛りだくさんの吸殻に燻って
弟自身の後ろで もくもくと白い煙がたってたようで
その煙を人影かと思い心臓飛び出るくらい ビビッたと話してた弟。。。
うけますがな・・・。

お祖父ちゃん 全てのことにありがとう。
コメント
この記事へのコメント
鍵つきコメントだったけど 返事書くね!!

本当に人の死って 呆気ないものだよね。。。
その人の人生が長くあったからこその自分だし親だしなんだけど
お祖父ちゃんの亡骸を目の前にしたら なんて「無」なんだろう。。。
死んでしまうと 人って本当に「無」になるんだなぁって
お祖父ちゃんの死を受け入れたくないあまりに
人間のことを意味もなく考えてた。。。

時間が悲しみも解決してくれるけど
やっぱりどうしても会いたくなるときが押し寄せてきては
現実を胸に止めてくしかないんだよね。

本当に親たちに感謝しなきゃいけないよね。
こうしてあゆと仲良くできるのも 親たちを見ているからっていうのは
絶対に強い伝染だよね。
あゆこれからも仲良くしてこうね。
そしてお婆ちゃんを大事にしていこうね!!
2012/06/19(火) 17:01 | URL | お返事 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/19(火) 12:05 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rabuyuutansyuutan.blog68.fc2.com/tb.php/414-641bbdb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。