日頃の喜怒哀楽を気ままに書いてます!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒い寒い・・・まだまだ寒い。
そしてひどい乾燥。
加湿器を置いているのに まにあわなくて喉がカピカピで嫌な目覚めだぜ~、
だから寝る前にバスタオルを湯船に入れて思いっきり濡らしてドアにほしてやったぜ。
家で一番大きいバスタオルだぜ~、手では絞りきれね~ぜ~、
ジュータンと畳がずぶ濡れになったぜぇ~
旦那は猫がオシッコしたと吠えてたぜぇ~
・・・ワイルドだろぉぉぉぉぉぉ~~
※最近 スギちゃんにはまったぜ~~~。



先日、札幌モーターショーへ行ってきた。
昔 東京にいるときは毎年行ってたけど女子はあまり興味ないよね?
真新しい車の横には綺麗な女性がポーズをきめて立っている。
私 おやじみたいにそっちばかり気になる(笑)
綺麗な女性は同じ女でも見ちゃうわよね~~。
でも 昔行ったときよりも女性が少なかったな。

モーターショー モーターショー
漫画ドラエモンで未来の車で見たようなデザインだよね~
現実がそこまで・・・。


やばい・・・
モーターショー モーターショー
ライトが猫の目みたいで かわかっこよかった~~
ほすぃ~~~~~~~~~~~~、やっぱり高級車にはかなわん。

知らない人がところどころ写ってしまって・・・申し訳ない。

車がいっぱいで王子は終始「じぃじの、じぃじの~~~」っと
車関係の仕事をしている父を思いだしていたようだ(笑)
子供の記憶力には時々、本当に驚かされる。
今は思い出せないけど(笑)

そして思いやりの気持ちもどんどん成長してて 
それをみて胸がキューンっと嬉しくなったり 笑わせてもらったり
子育てって温かい気持ちになってばかりだなぁ。
今日はお昼に 王子の好きなポークピッツを焼いて半分に切ってあげて
おとなしく食べていたので その間に洗濯物を干していて戻ってみると
・・・

優しさ
ミニーちゃんとトーマスにも「ハイ、どぉーぞ」って
満足気に与えてた・・・(o´∀`o)σ゛ヶラヶラ

数分後気がついた。

忘れない優しさ

思いやりと優しさいっぱいの少年になぁれ~~~~~~~~




ワイルドだぜぇ。
スポンサーサイト
寒い毎日で外へ出るのもイヤイヤな日々。。。
それでも 王子のみなぎる元気パワーをどこかで消化してあげないと
相変わらず夜中まで騒いでる始末です((유∀유|||))
外遊びしても逆に興奮して眠らないというオチもあるので 加減が難しい子育て。

大雪
歩道から道路は雪の壁で見えないくらいの雪。雪雪雪雪雪
こんなに雪が多いと実感したのは生まれて初めてだわよ。

さて、昨日はバレンタイン
先月 大好きな従姉妹とぷらりバレンタイン色の街へショッピングへでかけたのに
何も用意しないで従姉妹と買い物へこれたーーっという
その現実に舞い上がって何も買い物しないで帰宅(笑)。
私はいつもそう。。。
王子意外の誕生日も結婚記念日もバレンタインまでも
1日前までは あ~別にまだ王子も小さいし何もしないでいいや~
って思って余裕こいているくせに 急にあせりだす(´Д`;)/ヽァ/ヽァ
さすがに何もなかったようにすごすのもひどいかな~?っとか当日に思う。
いい加減に学習してください自分。

急遽ネットで色々検索しまくった結果。

2012.2.14

チョコブラウニーが焼けました。

王子は卵アレルギーだから 去年は卵を使わないでできるチョコムースにしたけど
今年は まだ卵アレルギーだけど ブラウニーが好きな王子のために作ってみた。

卵アレルギーは3歳までに治る子がほとんどだと医師から聞いていたけど
「3歳までに治してあげないと」っという言い方もあることに最近気がついた。
私は神経質のほうだけど この卵アレルギーに関しては 完全除去はしていない。
確かに 初めて症状が出たときは
顔中蕁麻疹のように腫れ上がって 目なんて瞼が腫れて半分くらいしかあかないくらいで
すごく怖くて慌てて体が震えるくらいな私だったけど
その後 立ち読みしたり ネットで調べたり 私なりに勉強もした。
それなのに 「3歳までに治してあげないと・・・」って
そんな 3歳までに何かできることがあるのか?っと。。。
それ以後 鬼のようにまた始まった私のネットサーフィン。
結果、少しづつ様子を見ながら慣れさせて 食べれるように与えていくということ。
もちろん 医師のもとでやることが何よりなんだろうけど
最近 王子は料理の中に卵を使ったもの カツの衣やホットケーキなどには
何も反応をおこさなくなってきた。
今回のブラウニーも大丈夫だった!!

2012.02.14

旦那 21時くらいに片手にシャンパンを持って帰宅。
危ナー。。。何も用意してなかったら ごはんにシャンパンだったぜっε-(◔ิд◔ิ;A)フゥ

2012.2.14

しかし 家にあるもので・・・だったのでなんか寂しい
また次かんばればいいさ(⋈・◡・)✰
またサボリ気味なこのブログ・・・
お久しぶりでございます。

2月ですが・・・
新年明けましておめでとうございます。

今テレビでマツコデラックスが

「いやいやいやーーー。
そんなにずうずうしい女じゃないってあたしーーーーー」


って有吉に叫んでる

いいえ、その言葉自体ずいぶんずうずうしいです。
ふふふ
まったく面白い男ですね。

年末年始は祖父に続き祖母までもが倒れてしまい
結果 癌が4箇所の臓器にみつかり緊急入院をし 
先日 無事に約10時間もの手術を乗り越えたところでした。
でも 2日前 末期癌の祖父が肺炎になって覚悟をするように医師に告げられ
私も函館へ飛ぼうと段取りをしていた今日
父からの連絡で 峠は越せたようでまだ集中治療室にはいるけど
話せるようにまで回復しているから大丈夫そうだよ。って連絡があり
しばらく泣いていました。。。
不思議だね、2日前

 「意識のあるうちに会いたいならこい」って父に言われ

「はぁーーー?何それ?もうそんなところまで悪化してるの?
余命1年って言ってたのは何?」

悲しいとか辛いとかの前に どこにもぶつけようのない感情が怒りとなって
口からイライラした言葉が次か次へと出てくる私で
泣くことすら忘れていたのに ホッとしたら 喉の奥がジーンと熱くなって
めそめそ。。。

よかった。本当に本当によかった。

おばあちゃんが手術したばかりで 身動きとれないこの時期に
天国へ行くなんて そんな残酷な死に方だけはしてほしくない。
長年連れ添った夫婦 お互い人生で初めての入院でそれぞれ違う病院。
結婚してから こんなに長く夫婦寝床が違うのは初めてかな?
いくらおじいちゃん おばあちゃんでも会いたいはずよね。
顔を見て話したいはずよね。
せめて同じ病院に入院できるように動かない父はいったい何を考えているんだろう?
祖父の末期癌という現実から逃げている 見ないようにしているのなら
もういい加減にしてほしい。
結局 本人に告知していないから治療や薬にも制限がある現状。
何もできない私自身の無力さにも辛さを感じる今日このごろ。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。